Ice Tea Manual















































サクリファイス


命を繋ぐ テープは剥がれて
貴方への手段 無くしてしまった


知らない言葉を 繋ぎたい癖に
変な嘘に縛られる


未来永劫 うたかたなキス
見つけきれなくて 見つけてあげられない


何処からが真実?
何処までがフェアリーテイル


「誰が殺した」

駒鳥を 埋めよう 隠そう
その名が知られてしまう前に


「私が殺したの」

駒鳥は 撒き散らす
知らず 知らずに
指を添わせて


愛を競わせて


弔うためのオハナシ
自白と集合の調合


見知らぬ恋さえ受け入れる
結束の花 枯れてしまうから


「誰が殺した」

駒鳥を 隠そう 葬ろう
その花が芽を出すように


「私が殺したわ」

駒鳥は 撒き散らす


「貴方が殺したの」

死から競わせて


























































Dream Game




若輩者で 敗北者
仕方なく百均でシュシュを買い

負けた気分のまま 店を出て
くたびれたハイヒールで 街を出る

逃避行のハズなのに
そこからまた逃げて行く

カロメティックな箱の中身も
機械に食わせてやったのさ


残念無念
Dream Game


明日の仕事のお供を犠牲にして
今日の分の夢を買いしましょうか

嘘でも良いから 幸せな空想
夢なら尚更 節合わせもせずに

崩れ落ちる音が聞こえるのに
止める事が出来ない


残骸無力
Dream Game


未来の尊敬心やらを生贄にして
過去の意地への仕返しをしましょうか

嘘でも欲しいよ 勝者の気分
夢でも一層 不幸せは感じない


惨敗夢遊
Dream Game







































































ロザリアンガーデン


蒸せかえる嘘

のけ反った疑惑


棄ててしまったら

逃れましょう


哀しみの涙 恵みの雨

降り注げば満ちる世界


日傘をさしてジュリア

ご機嫌いかが?とカモマイル


僕を嫌う世界

僕を癒すセカイ


受け入れてるのは


僕ではなく


帽子を被ってマチルダ

ご機嫌麗わしゅうとペパーミント


言えずに苦笑を零すより

癒えれば溢れる世界が良い


幾らでも幾らでも咲き誇って

溢れて蒸せ返る世界が良い


スカートを靡かせてフェリシア

本日晴天なりとレモングラス


そっと囁いて


僕を愛して





























































煙 草 と 飴








煙草のように飴を消費する
白で真っ黒になる肺

この赤でなら?青でなら?

転がって転がって
転がり続けて
起き上がる事は無く

僕はいつまでも丸いままだから

行き渡らない甘さが
僕をまたままごとの中に閉じ込める

次は何の役ですか?

与えられた王子様
お姫様は魔物に犯されてる

目を閉じて
剣は鞘に納めたまま

煙草を吸いたい
まだ未成年だから

不倫もしたい
まだ結婚してないから

愛される事を知らない

でも

逃げ出したくて仕方ない


本当は
固い憎悪を放り込んで

舐めて溶かして
一つになりたかった

果てしなく堕落へと
僕を誘って欲しい

甘く苦しく 動かして
煙草と飴

ただ一言だけ
似たり寄ったりな味を残して































































禁忌☆デイズ


息を切らして走れ
計画通り 計算通り

苦しい世界から這い出たら
早く来い と呟き続けるわ

まだ見ぬ世界に
言い訳をつけて

タロット様の
いうことも読み取れない

脱出ナンバーは16番
後戻りなんて 出来なくさせて

嘲笑に拍車をかけて
幸せなんて論外だわ

騙すか 騙されるか
もっと高尚なものだと

いいのに よかったのに
どうしたら良いかしら?

あぁ ぁあ
禁忌☆デイズ

今日も
声を聞かせて

あぁ ぁあ
嘘が得意になったのよ

今日も 成らせて
知らない私に


本当の私に





























































て  あ  て







覚えたての言葉を何度も使うように。
変に限定された人間になったのかもしれない。
「堂々巡り」とか「エンドレスリピート」とか。
それが悪い訳じゃない。
ただ変化を椅子に座って待ってる訳でもないし。
そんな待ち時間を繰り返しているつもりもない。
来ないものは、来ないから。

「痛いよ」

腕を引っつかまれて握り締められて。
顔をしかめて、でも本当は自分かもしれなくて。

「痛いってば」

なるだけ相手の心に刺さるように。
悲痛に、悲痛に訴えて。

「離してよ」

最後はざっくり。
斬られれば良いとか。

後はじっくり。
慰めて欲しいとか。

そんな事ばかり浮かぶから
そんな言葉を捜したいみたいに。


「痛いよ」


何かが、解る訳でも無い。
それで何かが変わる訳でも。

だから限定された人間になったのでは、と。

下らない憶測。

後はこのまま 抱きしめて欲しいとか。






















































FlushBack


昨日の夜明けにキスを投げたり
会話の途中でシーツを引いたり

相合い傘なら赤が良いとか
長いスピーチは砂糖で煮詰めてね

明日の立ち位置はいまいち
裏返されたらやり直し

きりきり舞いに嫌気が差して
まずいスイーツで喉を痛めた

結局あの子の人生論に
乗っかっただけかな

全く真っ逆さまにダイブして
大ブーイングなんてさあ

新しい準備を
あなたらしい虚像を

個体差にブーツを履かせて
踊って貰えよ FlushBack

一戦に一緒に
生き抜く力は

そんな無いよ って
損な内容

ブラウン管でなくても
こんな


間に FlushBack
張り上げて声も


浮つな FlushBack
さあ巻き戻れ